高濃度炭酸泉

高濃度炭酸泉
ドイツの医療分野で積極的に利用されている炭酸泉を高濃度で再現しました。体内に取り込まれた炭酸ガスは全身の血管を拡張し、血液の循環をよくする効果を持ちます。肌に優しい弱酸性で毛穴を引き締め、湯上りには滑らかで潤いのある肌を実感できます。冷え性、むくみ、やけど、切り傷、肩こり、関節痛、高血圧でお悩みの方におすすめのお風呂です。
高濃度炭酸泉 寝湯
高濃度炭酸泉に寝ころんで浸かるユニークなお風呂。最高のリラックス気分が味わえます。

炭酸泉の特徴

炭酸泉風呂の最も医療効果が現れる濃度は1000ppmからです。しかし、日本の温泉地でその条件を満たす温泉はわずかしか有りません。したがって当店では、人工の高濃度炭酸ガス発生装置を導入し、1000ppmの高濃度炭酸湯を再現しております。(市販の炭酸入浴剤は100ppm位です)毎日入ることで冷え性に効果的です。どうぞごゆっくりその効果をお楽しみください。

炭酸泉ご入浴の仕方

お湯をかき回さずに静かにつかります。
15分以内の入浴が効果的です。(2~3分で気泡がつき出します。)
※過度の高血圧症・動脈硬化症・心臓病の方、その他医師から入浴を制限されている方はお入りにならないでください。

炭酸泉は湯温を37℃前後に設定しています。37℃というのは、体感的にはぬるいと感じると思いますが、炭酸ガスが溶け込みやすい一番効果的な湯温です。湯温をそれ以上にしてしまうと、炭酸ガスが放出し効果が期待できません。