湯楽の里・喜楽里-総合案内サイト-

採用情報 求人情報社員採用パート・アルバイト採用

「くつろぎと癒しの場」で人々の生活にうるおいと楽しさと健康を

当社は1999年、様々な社会的背景を勘案し、高齢化、気楽な健康増進やストレス社会における「癒し」ニーズの高まりを背景に「日常形非日常空間」をテーマとする「安・近・短」のレジャー施設として温浴施設の1号店をオープンしました。
そこで培った経験・ノウハウを発展させ、2号店からは独自のブランド「湯楽の里(ゆらのさと)」を開発し(その後1号店も2006年に「湯楽の里」に編入)、現在17店舗を展開しています。
また2006年、「大人向け本格温泉」という新たなコンセプトの元、当時では画期的であった中学生以上のお客様のみを対象にしたブランド「喜楽里(きらり)」を開発し、第1号店をオープンさせました。この試みは新たなブランドとしてお客様に大変好評で、続いて、お客様を小学生以上に限定した「喜楽里 別邸」をオープンさせ、現在「湯楽の里」「喜楽里」のブランドで関東一都六県で計20箇所の温浴施設を展開しております。
温浴施設は、お風呂好きの国民性に合い、現在では大きな広がりを見せていますが、しかし急成長に伴い競合が激化しております。当社も新規出店、店舗リニューアル、浴槽・岩盤浴・サウナ・店舗レイアウトの研究、飲食メニューやイベントの開発等によって常に最高のサービスを提供できるようにし、競合店に負けない事業を展開していく考えです。
人々の生活にうるおいと楽しさと健康を提供できる「くつろぎと癒しの場」。
そんな場所を、温浴事業を通して共に作り上げ、盛り上げてくれる仲間を募集しています。

地域の特性を生かした、地元に愛される店舗作り

湯楽の里・喜楽里は店舗によって雰囲気が異なります。それはチェーン店にありがちな画一的な店舗形態ではなく、地域によって異なるお客様のニーズに細かくお応え出来るようにするため、料金や営業時間のみならず、コンセプトから異なる店舗運営を行っているからです。
それぞれの店舗の独自性が確立されているので、「店舗の従業員」ではなく「店舗経営者」としてのスキル、経験を身につけることが出来ます。

社歴、経験に関わらず『やる気』が力になる社風

「癒し」を求める心が誰しもが持っているもの。だからこそお客様の気持ちに沿ったサービスが何なのか、その答えは社歴、経験に関わらず誰しもが持っているはずです。
そんな自分の中にあるちょっとした「アイデア」を形にすることが、湯楽の里・喜楽里では可能です。
湯楽の里・喜楽里のスタッフ理念は「全員が店舗作りに参加すること」。お客様の一番近くにいる現場スタッフの意見を幅広く吸い上げ、店舗の運営に反映させることが、お客様から支持される店作りの近道だと知っているからです。

採用情報トップ社員採用パート・アルバイト採用